佐倉市の医師の高齢化問題について|医院開業コンサルタントブログ|千葉de医院開業

2018年12月20日

お年寄りの手

佐倉市医師会に入会している先生方の年齢に関して、市内在住の医業経営コンサルタントである「医療環境情報研究所 主席研究員の吉崎 隆氏」から下記の情報を頂き、他の地区の状況も同様の問題があるのであろうとの危機感を感じましたのでお知らせしたいと思います。

 

佐倉市医師会の医師数が、103名

  • 最高齢:96歳
  • 最年少:43歳
  • 平均年齢:64歳

(※平成26年度のデータの為、現在とは数名の差異が見込まれます)

 

更に細かく地区別に見てみると、下記となります。

  • 佐倉地区21人:平均年齢66.4歳 最高齢96歳 最年少44歳 60歳以上15人71%
  • 臼井地区22人:平均年齢63.9歳 最高齢87歳 最年少44歳 60歳以上12人55%
  • 志津地区39人:平均年齢63.5歳 最高齢87歳 最年少47歳 60歳以上25人64%
  • 根剛地区13人:平均年齢64.2歳 最高齢80歳 最年少43歳 60歳以上 9人69%
  • 千代田地区7人:平均年齢60.3歳 最高齢71歳 最年少52歳 60歳以上3人42%
  • 和田地区1人:平均年齢74歳
  • 弥富地区1人 :平均年齢不明

 

上記の通り、市内各エリアとも医師の高齢化が進展しつつあり、今後、後継者の有無も含め、問題点が浮かび上がってくることが懸念されている状況です。

 

佐倉市の周辺には、空港を持つ成田市、都内へのアクセスの良さから人気の印西市、その他四街道市や八千代市などと比較すると、高齢化率が28.6%と一番進んでいる状況です。中でも佐倉地区は32.9%と最も進んでいます。

 

そういった背景から、認知症対応や在宅医療への取り組みを強化する必要が感じられますが、まだまだそういった分野に取り組んでいる医療機関が少なく、医師自身も年齢を重ねてきて体力的にも無理を出来なくなって来ているため、若い医師への世代交代や新たな参入も必要なのではないでしょうか。

 

開業医の声

來村 昌紀ドクター

2017年11月11日

來村医師:らいむらクリニック

開業しようと思われたきっかけは何でしょうか? 以前私は脳神経外科で頭痛外来を担当しておりましたが、その治療の一つとして漢方薬の有用性に気付き、千葉大学に勉強にきていました。その時も千葉中央メディカルセンターの脳神経外科で…

続きを読む

渡辺 冬嗣 医師

2017年9月19日

渡辺医師:わたなべファミリークリニック

開業しようと思われたきっかけは何でしょうか? 以前から、そのうち開業したいと検討はしていたんですよ。本来は戸建てを検討していましたが、岩渕薬品の担当者よりこんな物件もありますよと提案を受け、とりあえず、見に行ったら自分の…

続きを読む

吉岡 信二 医師

2017年9月18日

吉岡医師:よしおかファミリークリニック

先生の場合、承継という形での開業でしたが。 最初から継承と言う形を、一番に考えて動いていました。ご高齢の開業医の先生が多くなっていますし、何れその先生が引退されることを考えると、地域の為にもその先生の地盤を引き継ぐことが…

続きを読む