【厚労省】診療報酬明細書の「摘要」欄に記載する事項についての疑義解釈示す|千葉de医院開業

2020年6月5日

厚生省のビル外観

厚労省は6月2日、R2年度診療報酬改定に係る疑義解釈その15を公表した。疑義解釈はその1と5と9以外は新型コロナ関連の検査等となっていたが、今回のその15では、早期栄養介入管理加算と特殊カテーテル加算、歯科関連、診療報酬明細書の記載要領に関する疑義が整理された。

 

診療報酬明細書の記載要領に関しては、「摘要」欄に記載する事項等について、電子レセプトによる請求の場合は令和2年10月診療分以降より該当するコードを選択することになったが、9月診療分以前の電子レセプト又は書面による請求を行う場合でも、「当該一覧のコードによるレセプト表示文言」の通りに記載する必要はないが、それに準じて記載するよう求めている。

 

■関連サイト:https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000636373.pdf

開業医の声

來村 昌紀ドクター

2017年11月11日

來村医師:らいむらクリニック

開業しようと思われたきっかけは何でしょうか? 以前私は脳神経外科で頭痛外来を担当しておりましたが、その治療の一つとして漢方薬の有用性に気付き、千葉大学に勉強にきていました。その時も千葉中央メディカルセンターの脳神経外科で…

続きを読む

渡辺 冬嗣 医師

2017年9月19日

渡辺医師:わたなべファミリークリニック

開業しようと思われたきっかけは何でしょうか? 以前から、そのうち開業したいと検討はしていたんですよ。本来は戸建てを検討していましたが、岩渕薬品の担当者よりこんな物件もありますよと提案を受け、とりあえず、見に行ったら自分の…

続きを読む

吉岡 信二 医師

2017年9月18日

吉岡医師:よしおかファミリークリニック

先生の場合、承継という形での開業でしたが。 最初から継承と言う形を、一番に考えて動いていました。ご高齢の開業医の先生が多くなっていますし、何れその先生が引退されることを考えると、地域の為にもその先生の地盤を引き継ぐことが…

続きを読む