【厚労省】2024診療・介護・障害トリプル改定、改定率は診療▲0.12%、介護+1.59%|千葉de医院開業

2023年12月22日

厚生省のビル外観

厚労省は12月20日、予算編成過程の大臣折衝で決定した診療・介護・障害トリプル改定の改定率を公表した。診療報酬全体は▲0.12%=本体+0.88%+薬価等▲1.00%のマイナス改定となったが、介護報酬は+1.59%、障害福祉サービス等報酬は+1.12%のプラス改定となった。診療報酬本体や介護報酬・障害福祉サービス等報酬のプラス改定により、処遇改善や賃上げ、入院時の食費基準額(1食当たり30円)の引き上げに係る財源が確保される形となった。この他、医療DXの推進による医療情報の有効活用等に対して充当される。

 

▼診療報酬本体改定率+0.88%(国費800億円程度)

【内訳】
①+0.46%:40歳未満の勤務医師・勤務歯科医師・薬局の勤務薬剤師、事務職員、歯科技工所等で従事する者の賃上げに資する措置分(+0.28%)を含む
②+0.61%:看護職員、病院薬剤師その他の医療関係職種(上記除く)に2024年度にベア+2.5%、2025年度にベア+2.0%を実施する特例的な対応
③+0.06%:入院時の食費基準額の引き上げ(1食当たり30円)の対応(うち患者負担は原則1食当たり30円、低所得者は所得区分等に応じて10~20円)
④▲0.25%:生活習慣病を中心とした管理料、処方箋料等の再編等の効率化・適正化

 

▼薬価等改定率▲1.00%(国費▲1,200億円程度)

【内訳】
①薬価:▲0.97%(国費▲1,200億円程度)
②材料:▲0.02%(国費▲20億円程度)

 

▼介護報酬改定率+1.59%

【内訳】
①介護職員の処遇改善分:+0.98(2024年6月施行)
②その他の改定率:+0.61%(介護職員以外の処遇改善)
★改定率の外枠★処遇改善加算の一本化による賃上げ効果や、光熱水費の基準費用額の増額による介護施設の増収効果として+0.45%相当の改定が見込まれ、合計すると改定率+2.04%相当の改定
▼障害福祉サービス等報酬改定率+1.12%
★改定率の外枠★処遇改善加算の一本化の効果等があり、それを合わせれば改定率+1.5%を上回る水準の改定

 

 

一方では、プラス改定により処遇改善や賃上げ等が見込まれる中、かかりつけ医機能の評価やリフィル処方の推進に関わる「生活習慣病を中心とした管理料、処方箋料等の再編等の効率化・適正化(▲0.25%)」と、敷地内薬局に係る特別調剤基本料の是正が見込まれている「調剤基本料等の適正化」が具体的に明示された。医薬品関連では「長期収載品の選定療養」として、後発医薬品の上市後5年以上経過したもの又は後発医薬品の置換率が50%以上となったものを対象に、後発医薬品の最高価格帯との価格差の3/4までを保険給付の対象とすることとし、2024年10月より施行するとした。

 

■関連サイト:https://www.mhlw.go.jp/content/12401000/001180683.pdf

 

開業医の声

佐藤医師:諏訪の杜整形外科

2024年2月1日

佐藤医師:諏訪の杜整形外科

ご開業の動機やきっかけをお聞かせください。 大きい医療機関では色々な制約で行うことができなかった、自分の納得のいく医療を患者様に提供したいという想いが強くなってきたことで開業を決意しました。 ご開業までのご苦労は? 元々…

続きを読む

今村医師

2021年2月15日

今村医師:駅前クリニック内科・心療内科

ご開業の動機やきっかけをお聞かせください。 大学医局を通して、医局OBの先生のクリニック継承を依頼されたことがきっかけです。元々、私が開業を目標にしていることをご存じだった教授から,直々にお話をいただきました。 ご開業ま…

続きを読む

來村 昌紀ドクター

2017年11月11日

來村医師:らいむらクリニック

開業しようと思われたきっかけは何でしょうか? 以前私は脳神経外科で頭痛外来を担当しておりましたが、その治療の一つとして漢方薬の有用性に気付き、千葉大学に勉強にきていました。その時も千葉中央メディカルセンターの脳神経外科で…

続きを読む