【厚労省】賃上げに向けたベースアップ評価料を新設、公益裁定で7対1厳格化を決定|千葉de医院開業

2024年2月2日

腕組みをするドクター

厚労省は1月31日、中医協総会を開催し、2024年度診療報酬改定係る個別改定項目その2をもとに審議した。その2では、その1で未掲載となっていた「賃上げに向けた評価」として入院/外来・在宅/訪問看護の「ベースアップ評価料」の新設が盛り込まれた(今回は薬局の当該点数は示されていない)。

 

関係職種の賃金改善を実施しているかの確認として、施設基準では基本給や毎月支払われる手当の引上げにより改善を図ることを原則に、厚生局への賃金改善計画とその実績報告を要し、主として保険診療等から収入を得ている保険医療機関等に限定した。また、公益裁定で急性期一般入院料1(7対1)における平均在院日数【16日以内】ならびに一般病棟用の重症度、医療・看護必要度に係る評価項目及び該当患者割合の基準としてB項目を用いない【①A3点・C1点以上の患者割合が20%以上、②A2点・C1点以上の患者割合が27%以上】を決定した。

 

公益裁定の背景には、将来の医療ニーズ及び人口構成の変化を踏まえ、入院患者の状態に応じて適切に医療資源を投入する体制や、新設される後期高齢者の中等症の急性疾患ニーズに応える「地域包括医療病棟」の構築を進めるに当たり、基準の厳格化が必要だとした。

 

■関連サイト:https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000212500_00245.html

開業医の声

佐藤医師:諏訪の杜整形外科

2024年2月1日

佐藤医師:諏訪の杜整形外科

ご開業の動機やきっかけをお聞かせください。 大きい医療機関では色々な制約で行うことができなかった、自分の納得のいく医療を患者様に提供したいという想いが強くなってきたことで開業を決意しました。 ご開業までのご苦労は? 元々…

続きを読む

今村医師

2021年2月15日

今村医師:駅前クリニック内科・心療内科

ご開業の動機やきっかけをお聞かせください。 大学医局を通して、医局OBの先生のクリニック継承を依頼されたことがきっかけです。元々、私が開業を目標にしていることをご存じだった教授から,直々にお話をいただきました。 ご開業ま…

続きを読む

來村 昌紀ドクター

2017年11月11日

來村医師:らいむらクリニック

開業しようと思われたきっかけは何でしょうか? 以前私は脳神経外科で頭痛外来を担当しておりましたが、その治療の一つとして漢方薬の有用性に気付き、千葉大学に勉強にきていました。その時も千葉中央メディカルセンターの脳神経外科で…

続きを読む