【厚労省】調剤基本料見直しとかかりつけ対人業務の評価を検討、薬価乖離率は8%|千葉de医院開業

2019年12月9日

厚生省のビル外観

厚労省は12月4日、中医協総会を開催し、2020年度診療報酬改定に向けて、調剤報酬その3のほか、個別事項その12としてがん対策や脳卒中、血糖自己測定などの評価について審議した。この他、薬価・材料の改定幅に関わる平均乖離率は約8.0%、材料は約5.8%となった速報値を確認した。

 

調剤報酬その3では、薬局経営の効率性の判断指標となる処方箋の集中率と受付回数に着目した調剤基本料の設定として、20店舗以上の薬局、診療所も含む医療機関の敷地内薬局の評価見直しが論点になっている。かかりつけ薬剤師・薬局の評価に関しては対人業務において、患者の血液・生化学的検査結果を活用した疑義照会による処方薬の最適化への評価が検討されている。

 

■関連サイト:https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000212500_00053.html

開業医の声

來村 昌紀ドクター

2017年11月11日

來村医師:らいむらクリニック

開業しようと思われたきっかけは何でしょうか? 以前私は脳神経外科で頭痛外来を担当しておりましたが、その治療の一つとして漢方薬の有用性に気付き、千葉大学に勉強にきていました。その時も千葉中央メディカルセンターの脳神経外科で…

続きを読む

渡辺 冬嗣 医師

2017年9月19日

渡辺医師:わたなべファミリークリニック

開業しようと思われたきっかけは何でしょうか? 以前から、そのうち開業したいと検討はしていたんですよ。本来は戸建てを検討していましたが、岩渕薬品の担当者よりこんな物件もありますよと提案を受け、とりあえず、見に行ったら自分の…

続きを読む

吉岡 信二 医師

2017年9月18日

吉岡医師:よしおかファミリークリニック

先生の場合、承継という形での開業でしたが。 最初から継承と言う形を、一番に考えて動いていました。ご高齢の開業医の先生が多くなっていますし、何れその先生が引退されることを考えると、地域の為にもその先生の地盤を引き継ぐことが…

続きを読む