【政府】新型コロナの課題を踏まえ、骨太方針2020と成長戦略実行計画を閣議決定|千葉de医院開業

2020年7月23日

首相官邸

政府は7月17日、臨時閣議で「経済財政運営と改革の基本方針2020(骨太方針2020)」および「成長戦略実行計画」などを決定した。医療分野に関わる施策は、新型コロナ感染症対策によって課題とされた「医療提供体制等の強化」や「マイナンバー制度の抜本的改善」、「非接触サービスの利用拡大」を実現するとした。

 

「医療提供体制等の強化」においては、感染拡大防止と経済活動の段階的引上げとの両立を図るため、検査体制に関し症状の有無や感染リスクを踏まえ、基本的な考え方を整理し、戦略的に検査能力を拡充する。

 

「マイナンバー制度の抜本的改善」では、行政手続をオンラインで完結させることを大原則として、様々な災害等の緊急時や相続時にデジタル化のメリットを享受できる仕組みを構築するとともに、公平な全世代型社会保障を実現していくため、公金振込口座の設定を含め預貯金口座へのマイナンバー付番の在り方について検討を進め、本年中に結論を得るとした。医療分野ではPHRの拡充を図るため、2021年に必要な法制上の対応を行い、2022年を目途にマイナンバーカードを活用して、生まれてから職場等、生涯にわたる健康データを一覧性をもって提供できるよう取り組むとともに、当該データの医療・介護研究等への活用の在り方について検討するとした。

 

「非接触サービスの利用拡大」においては、オンライン診療やオンライン面会、健診情報等のデータ共有・利活用を推進していく。特にオンライン診療については電子処方箋、オンライン服薬指導、薬剤配送によって、診察から薬剤の受取までオンラインで完結する仕組みを構築する。患者のみならず、医師・看護師を院内感染リスクから守るためにも、オンライン診療を積極的に活用するとした。

 

■関連サイト:https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai41/index.html

開業医の声

來村 昌紀ドクター

2017年11月11日

來村医師:らいむらクリニック

開業しようと思われたきっかけは何でしょうか? 以前私は脳神経外科で頭痛外来を担当しておりましたが、その治療の一つとして漢方薬の有用性に気付き、千葉大学に勉強にきていました。その時も千葉中央メディカルセンターの脳神経外科で…

続きを読む

渡辺 冬嗣 医師

2017年9月19日

渡辺医師:わたなべファミリークリニック

開業しようと思われたきっかけは何でしょうか? 以前から、そのうち開業したいと検討はしていたんですよ。本来は戸建てを検討していましたが、岩渕薬品の担当者よりこんな物件もありますよと提案を受け、とりあえず、見に行ったら自分の…

続きを読む

吉岡 信二 医師

2017年9月18日

吉岡医師:よしおかファミリークリニック

先生の場合、承継という形での開業でしたが。 最初から継承と言う形を、一番に考えて動いていました。ご高齢の開業医の先生が多くなっていますし、何れその先生が引退されることを考えると、地域の為にもその先生の地盤を引き継ぐことが…

続きを読む