【厚労省】PHRの検討に関する論点や基本的な方向性、今後の検討課題を確認|千葉de医院開業

2019年9月13日

厚生省のビル外観

厚労省は9月11日、国民の健康づくりに向けたPHR の推進に関する検討会の初会合を開催し、PHR の検討に関する論点や基本的な方向性などについて確認した。

 

PHR(Personal Health Record)は、個人の健康診断結果や服薬履歴等の健康等情報を電子記録として、本人や家族が正確に把握するための仕組みであり、自身の健康状況を正確に把握できる環境の整備によって情報を活用することで、「①本人の日常生活習慣の改善等の行動変容や健康増進につながる」、「②健診結果等のデータを簡単に医療従事者に提供できることにより、医療従事者との円滑なコミュニケーションが可能となる」ことが想定されている。

 

PHR に活用する情報の特定は、「健康情報、医療等情報」の区分、その区分内の「情報の種別」、実際の「発生情報」のうちPHR により提供すべきものを選択していく。情報提供等の在り方については、国・自治体・公的機関や、民間事業者、また個
人など様々な主体が関与することになるため、①円滑な提供等、②適切な管理、③適正かつ効果的な利活用の3 つの視点から検討するとした。

 

■関連サイト: https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06700.html

開業医の声

來村 昌紀ドクター

2017年11月11日

來村医師:らいむらクリニック

開業しようと思われたきっかけは何でしょうか? 以前私は脳神経外科で頭痛外来を担当しておりましたが、その治療の一つとして漢方薬の有用性に気付き、千葉大学に勉強にきていました。その時も千葉中央メディカルセンターの脳神経外科で…

続きを読む

渡辺 冬嗣 医師

2017年9月19日

渡辺医師:わたなべファミリークリニック

開業しようと思われたきっかけは何でしょうか? 以前から、そのうち開業したいと検討はしていたんですよ。本来は戸建てを検討していましたが、岩渕薬品の担当者よりこんな物件もありますよと提案を受け、とりあえず、見に行ったら自分の…

続きを読む

吉岡 信二 医師

2017年9月18日

吉岡医師:よしおかファミリークリニック

先生の場合、承継という形での開業でしたが。 最初から継承と言う形を、一番に考えて動いていました。ご高齢の開業医の先生が多くなっていますし、何れその先生が引退されることを考えると、地域の為にもその先生の地盤を引き継ぐことが…

続きを読む