【厚労省】2020年改定の個別事項1、リハビリ、重複投薬、ポリファーマシー、バイオ後続品|千葉de医院開業

2019年9月19日

厚生省のビル外観

厚労省は9月18日、中医協総会を開催し、個別事項(その1)として、リハビリテーションのほか、医薬品の効率的かつ有効・安全な使用について、重複投薬、ポリファーマシー、バイオ後続品について審議した。

 

リハビリテーションに係る診療報酬については、累次の改定において算定要件等の見直しや、必要な項目の新設等を実施してきたが、各療法士による訓練を補完するロボットやFESを用いたリハビリテーションの評価をはじめ、リハビリテーション総合実施計画書の記載項目及び様式等の整理など、リハの現状や平成30年度診療報酬改定後の算定状況等を踏まえて、必要な見直しを検討するとした。

 

 

重複投薬に対する評価では、重複投薬の解消に向けた取組をさらに進める上で、服用薬剤の把握や処方薬の総合的な評価・調整が重要であり、これらを円滑に行うための対応や連携に対する評価を検討するとした。
入院時のポリファーマシー解消(退院時の連携)においては、入院時の処方の総合調整の取組をさらに推進する観点から、減薬の結果だけでなく、総合評価による調整に対する評価や、退院時に処方薬の変更や中止の理由等を地域で共有する取組を推進するため、医療機関から薬局への情報提供の評価を検討するとした。

 

 

現在9成分が薬価収載されているバイオ後続品については、バイオ後続品を知らない患者にバイオ後続品を推奨する際の情報提供や、新たにバイオ後続品を導入する又は現在使用しているバイオ医薬品をバイオ後続品に切り替える場合の患者への説明や症状の観察等に対する評価を検討するとした。

 

 

■関連サイト:https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000212500_00038.html

開業医の声

來村 昌紀ドクター

2017年11月11日

來村医師:らいむらクリニック

開業しようと思われたきっかけは何でしょうか? 以前私は脳神経外科で頭痛外来を担当しておりましたが、その治療の一つとして漢方薬の有用性に気付き、千葉大学に勉強にきていました。その時も千葉中央メディカルセンターの脳神経外科で…

続きを読む

渡辺 冬嗣 医師

2017年9月19日

渡辺医師:わたなべファミリークリニック

開業しようと思われたきっかけは何でしょうか? 以前から、そのうち開業したいと検討はしていたんですよ。本来は戸建てを検討していましたが、岩渕薬品の担当者よりこんな物件もありますよと提案を受け、とりあえず、見に行ったら自分の…

続きを読む

吉岡 信二 医師

2017年9月18日

吉岡医師:よしおかファミリークリニック

先生の場合、承継という形での開業でしたが。 最初から継承と言う形を、一番に考えて動いていました。ご高齢の開業医の先生が多くなっていますし、何れその先生が引退されることを考えると、地域の為にもその先生の地盤を引き継ぐことが…

続きを読む