【厚労省】コロナ患者受入が県平均よりも3 割を下回る場合の病床確保料の減額を明示|千葉de医院開業

2021年12月20日

ワクチン摂取時のイメージ

厚労省は12月13日、2021年度新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(医療分)の実施に当たっての取扱いについて事務連絡および関連するQ&A(第11版)を公表した。

 

今回の事務連絡および関連Q&Aでは、コロナ患者受け入れ状況が各都道府県の平均値よりも3割を下回る場合の病床確保料減額について詳細が明示された。即応病床使用率の具体的な計算方法、休止病床の上限数の算定などが示され、訂正や追加箇所に下線が引かれている。

 

■関連サイト: https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00214.html

開業医の声

佐藤医師:諏訪の杜整形外科

2024年2月1日

佐藤医師:諏訪の杜整形外科

ご開業の動機やきっかけをお聞かせください。 大きい医療機関では色々な制約で行うことができなかった、自分の納得のいく医療を患者様に提供したいという想いが強くなってきたことで開業を決意しました。 ご開業までのご苦労は? 元々…

続きを読む

今村医師

2021年2月15日

今村医師:駅前クリニック内科・心療内科

ご開業の動機やきっかけをお聞かせください。 大学医局を通して、医局OBの先生のクリニック継承を依頼されたことがきっかけです。元々、私が開業を目標にしていることをご存じだった教授から,直々にお話をいただきました。 ご開業ま…

続きを読む

來村 昌紀ドクター

2017年11月11日

來村医師:らいむらクリニック

開業しようと思われたきっかけは何でしょうか? 以前私は脳神経外科で頭痛外来を担当しておりましたが、その治療の一つとして漢方薬の有用性に気付き、千葉大学に勉強にきていました。その時も千葉中央メディカルセンターの脳神経外科で…

続きを読む