診療圏調査レポートの例)市原市|千葉de医院開業

2018年5月7日

小湊鐵道 飯給駅

市原市は、千葉県中央部の東京湾に面する市であり、面積は千葉県の市町村で最も大きく、人口は約27万3千人で千葉県では第6位です。内房線沿線に住宅地が広がっており、東京や千葉の衛星都市でもあります。その他にも臨海部の工業地帯で働く労働者向けの住宅地域が市の北中部に点在しており、このエリアに人口が集中しています。中部より南側にはゴルフ場が非常に多く、ゴルフ場の数が日本一の自治体でもあります。

今回、整形外科にターゲットを絞って診療圏調査をしてみました。


診療圏調査:市原市その1


診療圏調査:市原市その2

ご覧の通り、人口が集中する内房線沿線には数多くの整形外科が存在しております。このエリアでの開業となると既存機関との競争は避けられず、既存機関との差別化など独自の特色をいかにアピール出来るかが鍵を握りそうです。


市原市の内陸エリア


診療圏調査:市原市その3


診療圏調査:市原市その4

一方、内陸に入ると整形外科の数は少なくなります。このエリアに実家がある社員に確認しますと、近くに医療機関がないので仕方なく駅のほうまで出向いている様子が見られます。お年寄りにとっては移動が大変ですし、送り迎えする家族も負担となります。近所で診てもらえることは、日常生活において大変メリットとなりそうです。

このエリアでの開業となると、整形外科領域以外でもプライマリーな部分で診察できたり相談に乗れたり或いは専門ドクターを紹介できたりなどゲートキーパー的な役割もできる「かかりつけ医」を目指す形が適しているかと思います。但し、人口が増えるよりは減っていく可能性のほうが強いことは否めません。

以上、参考になる部分がありましたら幸いでございます。


診療圏調査をご希望の先生は、下記のフォームからお気軽にご相談くださいませ。

開業医の声

來村 昌紀ドクター

2017年11月11日

來村医師:らいむらクリニック

開業しようと思われたきっかけは何でしょうか? 以前私は脳神経外科で頭痛外来を担当しておりましたが、その治療の一つとして漢方薬の有用性に気付き、千葉大学に勉強にきていました。その時も千葉中央メディカルセンターの脳神経外科で…

続きを読む

渡辺 冬嗣 医師

2017年9月19日

渡辺医師:わたなべファミリークリニック

開業しようと思われたきっかけは何でしょうか? 以前から、そのうち開業したいと検討はしていたんですよ。本来は戸建てを検討していましたが、岩渕薬品の担当者よりこんな物件もありますよと提案を受け、とりあえず、見に行ったら自分の…

続きを読む

吉岡 信二 医師

2017年9月18日

吉岡医師:よしおかファミリークリニック

先生の場合、承継という形での開業でしたが。 最初から継承と言う形を、一番に考えて動いていました。ご高齢の開業医の先生が多くなっていますし、何れその先生が引退されることを考えると、地域の為にもその先生の地盤を引き継ぐことが…

続きを読む