【がん研究センター】がんの3年生存率は約70%、3年と5年の部位別の生存率集計|千葉de医院開業

2018年9月13日

国立研究開発法人国立がん研究センターの外観

国立研究開発法人国立がん研究センターは9月12日、全国のがん診療連携拠点病院等から収集した院内がん情報を用いて、2011年3年生存率集計と、2008〜09年5年生存率集計の報告書を公開した。

 

5年生存率は集計に時間を要するため、治療の見直しなどに役立てる目的で3 年生存率が初めて公表された。全がんの5年生存率の実測生存率は58.5%、相対生存率は65.8%であったのに対し、全がんの3年生存率は実測生存率が66.3%、相対生存率が71.3%となった。

 

3年の部位別では膵臓15.1%、肺49.4%、食道52.0%、肝臓53.6%となり、全体よりも低い生存率となった。この他、高い生存率は胃74.3%、大腸78.1%、子宮頸部78.8%、子宮体部85.5%、乳房95.2%、前立腺99.0%などとなっていた。

 

■関連サイト:https://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/2018/0912/index.html

開業医の声

來村 昌紀ドクター

2017年11月11日

來村医師:らいむらクリニック

開業しようと思われたきっかけは何でしょうか? 以前私は脳神経外科で頭痛外来を担当しておりましたが、その治療の一つとして漢方薬の有用性に気付き、千葉大学に勉強にきていました。その時も千葉中央メディカルセンターの脳神経外科で…

続きを読む

渡辺 冬嗣 医師

2017年9月19日

渡辺医師:わたなべファミリークリニック

開業しようと思われたきっかけは何でしょうか? 以前から、そのうち開業したいと検討はしていたんですよ。本来は戸建てを検討していましたが、岩渕薬品の担当者よりこんな物件もありますよと提案を受け、とりあえず、見に行ったら自分の…

続きを読む

吉岡 信二 医師

2017年9月18日

吉岡医師:よしおかファミリークリニック

先生の場合、承継という形での開業でしたが。 最初から継承と言う形を、一番に考えて動いていました。ご高齢の開業医の先生が多くなっていますし、何れその先生が引退されることを考えると、地域の為にもその先生の地盤を引き継ぐことが…

続きを読む