【厚労省】2017年社会医療診療行為別統計、診療行為や薬剤使用の状況把握|千葉de医院開業

2018年6月27日

チャートイメージ

厚労省は6月21日、2017年社会医療診療行為別統計の概況を公表した。この統計は、毎年6月審査分の全レセプトデータをもとに、医療保険から被保険者に給付される診療行為の内容や薬剤の使用状況を把握し、医療保険政策の基礎資料とすることを目的に実施されている。

 

医科入院の1件当たり点数は5万1,989.7点、1日当たり点数は3,398.6点、1件当たり日数は15.30日となった。医科入院外の1件当たり点数は1,341.6点、1日当たり点数は853.7点、1件当たり日数は1.57日だった。医科入院外における院外処方率は74.8%となった。
診療報酬明細書(医科入院外)及び調剤報酬明細書1件における使用薬剤の薬剤種類数は、院内処方で3.46種類、院外処方で3.77種類、年齢階級別にみると院内処方、院外処方とも「75歳以上」で「7種類以上」の割合が高くなっていた。

 

使用薬剤の薬剤点数の構成割合は、入院では「腫瘍用薬」18.2%が最も多く、「中枢神経系用薬」13.2%、「生物学的製剤」11.3%と続いている。院内処方でも「腫瘍用薬」14.9%が最も多く、次いで「循環器官用薬」14.2%、「その他の代謝性医薬品」13.4%、院外処方では「循環器官用薬」18.6%が最も多く、次いで「中枢神経系用薬」14.2%、「その他の代謝性医薬品」13.0%の順となっている。

 

後発医薬品の使用状況は総数16.0%、入院12.9%、院内処方15.1%、院外処方16.3%となり、薬効分類別の薬剤点数に関する構成割合は、入院では「抗生物質製剤」22.5%、院内処方では「循環器官用薬」26.0%、院外処方でも「循環器官用薬」25.4%が最も多くなっている。

 

■関連サイト:http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/26-19.html

開業医の声

來村 昌紀ドクター

2017年11月11日

來村医師:らいむらクリニック

開業しようと思われたきっかけは何でしょうか? 以前私は脳神経外科で頭痛外来を担当しておりましたが、その治療の一つとして漢方薬の有用性に気付き、千葉大学に勉強にきていました。その時も千葉中央メディカルセンターの脳神経外科で…

続きを読む

渡辺 冬嗣 医師

2017年9月19日

渡辺医師:わたなべファミリークリニック

開業しようと思われたきっかけは何でしょうか? 以前から、そのうち開業したいと検討はしていたんですよ。本来は戸建てを検討していましたが、岩渕薬品の担当者よりこんな物件もありますよと提案を受け、とりあえず、見に行ったら自分の…

続きを読む

吉岡 信二 医師

2017年9月18日

吉岡医師:よしおかファミリークリニック

先生の場合、承継という形での開業でしたが。 最初から継承と言う形を、一番に考えて動いていました。ご高齢の開業医の先生が多くなっていますし、何れその先生が引退されることを考えると、地域の為にもその先生の地盤を引き継ぐことが…

続きを読む