【厚労省】2022年度診療報酬改定に係るこれまでの議論の整理案をもとに意見交換|千葉de医院開業

2022年1月14日

厚生省のビル外観

厚労省は1月12日、中医協総会を開催し、2022年度診療報酬改定に係るこれまでの議論の整理案を提示した。

 

これまでの議論の整理案は、4つの視点を盛り込んだ基本方針をベースに作成された。新型コロナウイルス感染症等にも対応できる効率的・効果的で質の高い医療提供体制の構築に向けて、2022年度改定において新たな改定項目ごとに経過措置を設けることから、2020年度改定における経過措置を終了する点を確認した。また、地域の医療機関等が連携して実施する感染症対策を更に推進する観点から、外来診療時の感染防止対策に係る体制について新たな評価を行うとともに、感染防止対策加算について、名称、要件及び評価を見直すとした。

 

外来機能の明確化及び医療機関間の連携の推進においては、紹介状なしで受診した患者等から定額負担を徴収する責務がある医療機関の対象範囲を見直すとともに、当該医療機関における定額負担の対象患者について、その診療に係る保険給付範囲及び定額負担の額等を見直す点を確認し、新設する「紹介受診重点医療機関」における入院医療に対する新たな評価が検討されている。

 

慢性疾患を有する患者に対するかかりつけ医機能の評価においては、地域包括診療料等の対象疾患を見直すとともに、今般の成人に対する予防接種の増加を踏まえ、予防接種に関する相談への対応を要件に追加する。また、24時間の往診及び連絡体制の構築が要件である継続診療加算について、在宅療養支援診療所以外の診療所による在宅医療への参画を更に推進する観点から、継続診療加算の名称及び評価の在り方を見直す。一定期間内に処方箋を反復利用できるリフィル処方に関しては、症状が安定している患者について、医師の処方により医師及び薬剤師の適切な連携で対応する仕組みとして、処方箋料の要件を見直すとした。

 

■関連サイト: https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000212500_00132.html

開業医の声

佐藤医師:諏訪の杜整形外科

2024年2月1日

佐藤医師:諏訪の杜整形外科

ご開業の動機やきっかけをお聞かせください。 大きい医療機関では色々な制約で行うことができなかった、自分の納得のいく医療を患者様に提供したいという想いが強くなってきたことで開業を決意しました。 ご開業までのご苦労は? 元々…

続きを読む

今村医師

2021年2月15日

今村医師:駅前クリニック内科・心療内科

ご開業の動機やきっかけをお聞かせください。 大学医局を通して、医局OBの先生のクリニック継承を依頼されたことがきっかけです。元々、私が開業を目標にしていることをご存じだった教授から,直々にお話をいただきました。 ご開業ま…

続きを読む

來村 昌紀ドクター

2017年11月11日

來村医師:らいむらクリニック

開業しようと思われたきっかけは何でしょうか? 以前私は脳神経外科で頭痛外来を担当しておりましたが、その治療の一つとして漢方薬の有用性に気付き、千葉大学に勉強にきていました。その時も千葉中央メディカルセンターの脳神経外科で…

続きを読む